電脳せどり どこで仕入れる?どこで売る?

電脳せどり どこで仕入れる?どこで売る?

スポンサードリンク

電脳せどり 仕入先

 

 

電脳せどりの仕入先は、それこそ無数です。

 

主な仕入先は、ネット書店かオークション関連サイトになります。

 

 

主なネット書店

 

ブックオフ オンライン
古本市場
紀伊国屋
駿河屋
ソフマップ
フタバブックス
価格.com
ネットオフ
furu1online
eWonderGOD
モンキーソフト
ムラウチ
ララビット

 

 

主なオークション関連サイト

 

  • Yahoo!アークション
  • 楽天アークション
  • モバオク
  • ビッターズ

 

 

電脳せどり どこで売る?

 

 

販売先は、「Amazon」と「ヤフオク!」を利用している方が多いと思います。

 

仕入先はどこでもいいですが、販売するところは

 

より利用者の多い場所がいいわけですから、

 

現在のところ二択かな?と思います。

 

 

単純に本を売るだけであれば、「Amazon」のほうが売れますが

 

商品や売り方によっては、「ヤフオク!」のほうが適している場合もあります。

 

もちろん、両方で販売することもできます。

 

 

ヤフオクを利用

 

まとめ売り
アマゾンに商品登録されていないもの

 

 

価値のある商品であっても、

 

大量なアマゾンの情報の中では、埋もれてしまって

 

目立たなくなってしまっていることがあります。

 

ヤフオク!で上手に商品説明を書くことができれば、

 

アマゾンで販売しているよりもずっと効果的に

 

購入者に向けてのアピールができるのではないでしょうか?

 

 

「ヤフオク!」で商品を目立たせるためには

 

 

「ヤフオク!」で販売する場合は、

 

商品タイトルに工夫をすることで、アクセスを増やすことができます。

 

ヤフオク!で商品を検索する場合に、検索結果により表示されやすいような

 

「キーワード」を含めることもオススメです。

 

  • 希少
  • お勧め
  • 残りわずか
  • 激安
  • セール
  • 割引

 

など宣伝でお馴染みの「キーワード」も、有効です。

 

 

自分がその商品を探していて、

 

検索するとすれば、どんな「キーワード」を入力するか

 

考えてみると思いつきやすいかもしれませんね。

 

 

また、商品そのものではなく、

 

その商品の属性に関する「キーワード」を含めてもいいと思います。

 

例えば、「ちいろばの心」という本を出品するなら

 

(今注文が入って、たまたま手元にあったものですから…)

 

「ちいろばの心」という本のタイトルと著者名のみを書いていても、

 

その本だけを探している人でなければ、なかなか検索してもらえないと思います。

 

どんな内容なのかわかりませんしね。

 

 

この本は、キリスト教牧師さんが書いた本のようですから

 

「キリスト教」だとか「牧師」だとか、

 

「信仰」「イエス」「主」など、連想される「キーワード」や

 

あるいは根強いファンをもつ出版社ならば、出版社名などを書いている方が

 

ずっと検索されやすくなるのは、想像にかたくないのではないでしょうか?

 

 

また、検索だけでなくそのタイトルを目にして興味を抱き、

 

アクセスしてくれる方が増えることも期待できますしね。

 

この部分は、アマゾンでは工夫できない部分ですから、

 

出品者の腕のみせどころだと言えます。

 

 

要は集客です。

 

「ヤフオク!」という大きなデパートの軒先で

 

どれだけ興味をひいてもらい、自分の売り場に呼び込めるかということです。

 

 

まとめ売り

 

 

「せどり用」にまとめ売りされているものを

 

オークションでもよく目にすると思います。

 

中身を見せずに、福袋的な売り方をしているところもありますが、

 

購入を考えている立場に立って考えてみれば、

 

やはりどんなものが入っているのか、最低でも

 

写真である程度確認できるくらいでなければいけないでしょう。

 

 

出品者の中には、

 

俺様価格でアマゾンに出品しておいて、

 

現在の価値は…なんてやっている人もいますがw

 

まあそれはそれで、判断材料はあるわけですから

 

まだマシかなと思います。

 

 

なかなか売れない商品をまとめて売るわけですから、

 

双方WINWINになるような取引を、目指したほうがいいと思います。

 

高く売れたらいいな…というようなくらいの方がいいんじゃないでしょうか。

 

 

長い間不良在庫を抱えているよりも、少しでも手持ちの金に変えて

 

仕入れ金に回すという考えもできますからね。

 

 

他の出品者を研究してみる

 

 

属性を揃えた「まとめ売り」は、高く売れることも多いです。

 

ジャンルを揃えたり、著者で揃えたり、

 

テーマで揃えたり…売り方を工夫することで、

 

単品で売るよりもずっと高く売ることができたりします。

 

 

例えば、あるアーティストの作品を揃えたとして、

 

そのアーティストに関連する雑誌の切り抜きなどを

 

セットに加えたりするととたんに高額で売れたり…

 

 

 

色々アイディアを絞って出品されている方も多いですから、

 

売れている出品者の商品や、売り方

 

商品説明の書き方、価格のつけ方など

 

研究してみるのも面白いと思います。

 

 

遊んでいるつもりで、楽しみながら作戦をねっていると

 

ひょんなことで、アイディアが浮かんだりするかもしれませんよ。

 

 

お金をかける

 

 

ヤフオク!では、お金をだして商品を目立たせる

 

オプションがあります。

 

要は宣伝費です。

 

商品をたくさん出品している場合は、

 

全てを宣伝する必要はなく、

 

高く売れそうなものだけ宣伝費をかけ、

 

そこから、自分の出品商品ページにリンクをはることで、

 

宣伝していない他の商品も、アクセスを増やすことができます。

 

宣伝をしない場合にも、自分の出品商品ページへの

 

リンクを貼っておくことは絶対必要です。

 

出品商品の数が多いほど、出品商品ページへの入口が増えることになり、

 

アクセスを集めやすくもなりますから、無駄にしてはいけません。

 
ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

電脳せどり どこで仕入れる?どこで売る?関連ページ

電脳せどり【リサーチ】@
リサーチ方法に決まりはありませんが、闇雲に探すとなると時間がいくらあっても足りませんから、とりあえずそのヒントとなるようなリサーチ方法を紹介します。
無料で商品を宣伝する裏技

どこで買い、どこで売るのか?

何を仕入れるのか

電脳せどりとはネット上で相場よりも安く売られているものを仕入れ、適正な価格で転売することで、差益を得ます。
せどり無料ツール
せどりに使える無料アプリ集です。自分にあったものをお使いください。私のおすすめは「せどりスカウター」です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム コンタクト 特定商取引法に関する表示 管理人ブログ