ディスク系メディアは、電脳や新品せどりにも向いている

CDやDVDの新品せどりや無在庫販売

スポンサードリンク

新品せどり

 

店舗仕入れもいいですが、

 

「電脳せどり」でも「利幅」を狙った仕入れをすることができます。

 

ディスク系メディアのせどりは、慣れると案外大きな利益を出せます。

 

というのは、

 

プレミア化した時の価格の高騰具合が、

 

本なんかとは比べ物にならないからです。

 

 

新品せどりは初心者にはあまり勧めませんが…

 

私は新品を定価で購入して

 

プレミア価格で販売する手法を、初心者にはお勧めしませんが、

 

知識として知っておいてください。

 

新品であっても

 

マキシシングルなら1枚1000円くらいで、

 

アルバムでも3000円前後で買えますが、

 

プレミア価格で定価超え5000円なんて商品もあります。

 

また、BOXなどで無い限り、送料も安く済みます。

 

しっかりとリサーチできるのならば、

 

比較的稼ぎやすいと思います。

 

もちろん仕入れ値が高くなりますので、リスクも大きくなりますが

 

仕入れる時は躊躇なく買わなければ、チャンスを逃してしまう可能性もあります

 

低リスクではありませんが、リターンの大きなものを狙えます。

 

…というか、大きいリターンを狙えるものでなければ、

 

「新品せどり」の仕入対象とすべきではありません。

 

堅実派には「新品せどり」はお勧めしませんが、利益を狙える方法のひとつです。

 

DVDは利益額が狙える

 

DVDせどりは、定価がもともと高いため仕入れ値が高くなりますが、

 

大きな「利益額」を狙えるものも多くなります。

 

メリットとしては…

 

  • 利益額が狙える 
  •  

  • 値崩れがしにくい 
  •  

  • ライバルが少ない

 

ということが挙げられると思います。

 

ゲームに関しても同じことが言えますが、DVDは比較的相場が安定しているものが多く、

 

(新発売でないもの)

 

一度売ったものは、何度も仕入れて売るといったこともできますので仕入れも楽になります。

 

また、他のメディアに比べると全商品数も少ないですので利益が出るものの記憶も容易です。

 

「仕入れ値が高い」ということが難点ではありますが、

 

それが新規に参入する際の障壁にもなりますので

 

せどりの中ではライバルが少ないということにもつながります。

 

DVDせどりの魅力は、何と言っても売上高と利幅です。

 

たった1つのDVD-BOXを売っただけで、何万もの売上をあげることができます。

 

もちろん、仕入れ単価が高くなりますので、仕入れ判断は厳しくしなければなりません。

 

回転率が悪いものが多いですから、資金力のある方向けです。

 

電脳と店舗での仕入れ

 

DVDせどりは、利益額が大きいものを狙えるというメリットがある一方で、

 

回転率の悪い商品を扱った場合、

 

仕入れ資金がショートしてしまうことがよくあります

 

仕入れができなければ、在庫が売れるまで仕入れることもできなくなりますので

 

その辺りのことは十分に意識して仕入れを行わなければなりません。

 

かりに1万円で仕入れて2万円で売れるものを仕入れることができたとしても、

 

売れるのが1年後だったりすると、それは上手な仕入れだとはいえません。

 

(もちろん、資金や保管場所等に余裕があるのなら問題ありません。)

 

それよりは、1000円の利益が出るものを一年の間に何度も売るほうが、

 

複利的に資金を増やすことにつながります。

 

DVD-BOXなどの高価なものは、利益額の大きなものも多いですが、

 

仕入額が高ければ高いほど、実際にどのくらい売れているのかというデータを

 

amashowやプライスチェック等で確認するということをして下さい。

 

はじめのうちは、DVD-BOXなど高額なものをは狙わずに

 

実店舗での仕入れをするのがいいと思います。

 

電脳での仕入れも狙えますが、リサーチ方法やデータからの判断などになれないうちは

 

仕入額の安いものから入ることをお勧めします。

 

 

プレミア価格のものを狙う

 

回転率もよく、高利益を望めるのは、新発売の「プレミア価格」狙いとなりますが、

 

うまく売り抜けると、大きな利益を生みますが、

 

タイミングを逃したり、読みを間違えると大きな損失を抱えることにもなりかねません。

 

ハイリターンも望めますが、ハイリスクでもあるということです。

 

新品せどりはどのメディアであれ、仕入先が多いので仕入れに困ることはあまりありません。

 

近隣に大型店舗等がいくつかある場合には、かなり有利な条件であるといえます。

 

出品者の中には、「無在庫販売」をする方もいると思います。

 

確実に利益の出る価格での「無在庫出品」をしておき、注文がきたら仕入れるわけです。

 

ただし、そのようなプレミア価格のつく商品に関しては、

 

「早く欲しい」という購入者が多いですから

 

FBA出品商品のほうが売れやすくなります。

 

「無在庫販売」は禁じられていますし、

 

いくらプレミア価格がついているからとはいえ、

 

購入者からすれば

 

非常に高い買い物になりますから、ただでさえ印象が悪いわけです。

 

そのうえ注文を受けて、商品を探せなかった場合は「キャンセル」しなければなりませんし、

 

近隣の店舗で新品を探せずに、

 

ネット上での仕入れとなった場合、どうしても購入者への発送が遅れてしまいますから、

 

どちらにしても評価に悪影響を与えると思います。

 

フットワークの軽い人向きかもしれません。

 

ただし当然のことながら、損することはありませんから

 

上手にやればローリスクでハイリターンを狙えます。

 

新品のセールは狙い目

 

新品のセールや、ポイント等を利用しての割引を利用して

 

安く仕入れられる場合は、狙い目です。

 

最安値を無視して、「新品」「ほぼ新品」出品者の価格を参考にしてみてください。

 

コンディションのいいものがほしいという需要がありますから、

 

定価よりも少しでも安ければ購入される可能性は高いです。

 
ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

CDやDVDの新品せどりや無在庫販売関連ページ

CD、DVD、ゲーム等の仕入に共通すること
CD、DVD、ゲームのせどりにおいて、共通する仕入れ方法をご紹介します。
「稼げる商品リスト」の作成
実際に仕入れることが出来、且つ利益の出る商品をリスト化していく。実際に売った商品を検証し、リストに加えていく。この繰り返しで、リストを成長させていく。
確実に稼げる仕入!?
毎日できるもの仕入ではありませんが、せどりで確実に利益の出せる仕入方法です。これはどのジャンルであっても共通のことですから、頭に入れておきましょう。
CD、DVDせどりの注意点
本のランキングとCD(や、他のメディア)のランキングは同じではありません。例えば「amashow」での検索結果を見て頂けるとわかりますが、…というように、違いがあるわけです。ただ、「本のランキング」に例えたランキングだとしても体感的には「CD」の方が回転率が悪い気がします。
CD、DVD、ゲームの検索方法
バーコードやISBNの見あたらない商品を検索する方法。規格品番検索、キーワード検索もできる便利なツ―ルや、検索方法の紹介します。
高くなりそうな商品を見つけるヒント
もしかすると高くなる商品を見つける、ちょっとしたヒント。話題に敏感になることや、普段からのリサーチの重要性。
「利幅を狙える商品」を見つけるヒント
プレミア化するものとしては、「初回限定版」などのようななんらかの付加価値があるものなどがわかりやすいと思います。利益の出る仕入が狙える「隠れ限定版」とは?
DVDせどりのメリット・デメリット
DVDせどりの魅力は、なんといってもその「利益額」です。上手に仕入れをすることができれば、儲けることができる反面、仕入れ金が高くなりますから、「資金ショート」になりがちだとも言えます。メリットもデメリットも理解して、DVDせどりにも挑戦してみましょう。
CDやDVDを少しでも高く買っていただくために…
CDやDVDのケースを新品に交換することや、ディスクの研磨をすることで、より高く売ることが可能になります。購入者のイメージも良くなるのではないでしょうか。購入者の視線で考えてみましょう。
再発について
再発に気がつかずに、旧盤を出品していた場合には、著しく売れにくくこともありますので注意が必要です。 しかし再発自体が需要を引き起こすことになりますから、 例えば再発の方が限定盤でプレミア化してしまい、入手しにくくなった場合など 旧盤が売れやすくなるということもあります。 もちろん、再発の内容にもよります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム コンタクト 特定商取引法に関する表示 管理人ブログ