せどりをする人には常識

ブックオフ仕入れでのせどり豆知識

スポンサードリンク

ブックオフ仕入れで知っておきたい豆知識

 

効率のいい仕入れをするちょっとしたコツもあります。

 

もちろん、「目利き力」があることが一番効率よく仕入れることになりますが、

 

知っているだけで使える豆知識があります。

 

せどり,赤ワゴン,補充,値札,値下げ,ブックオフ

 

 

基本的に「定価の高い本」から狙うww

 

その理由

 

理由を述べるまでもなく当たり前ですが、

 

基本的に「定価の高い本」が「古本」でも「高く」売れる可能性が高いからです。

 

 

じゃあ「効率よく定価の高い本」を探すには?

 

わかりやすいのは定価の高い本が多いジャンルを狙うことです

 

看護系、医療系、理工書、資格、楽譜、教育等…

 

専門書は基本的に定価高いものが多いですね。

 

厚い本を狙う

 

基本的に厚い本の方が定価が高いものが多いですね。

 

 

大型本を狙う

 

これも同じ理由ですね。

 

 

極めて具体的なテーマに絞られたマニアックなジャンルを狙う

 

 

圧倒的に出回る量が少ないため、

 

需要があるものに関しては需給バランスによって相場が高くなっていることが多いです

 

 

「限定盤」「箱や、ケース付き」「付録付き」を狙う

 

特に、CDやDVD、ゲームのせどり等に言えると思いますが、

 

数量が限られているため、希少性からプレミア価格がつく可能性が高いためです。

 

 

 

新しく補充された本からサーチする

 

 

その理由

 

まだ誰にも調べられていないわけですから、当然

 

「利益」の取れる本である可能性も高いというわけです。

 

毎日のように仕入にいっていますと、自然と回転していない本は覚えてしまいますので、

 

自然と仕入れにかかる時間も短くすることが出来ます。

 

ですから、まめに店舗をまわることは大切です。

 

 

「赤ワゴン」という宝箱

 

せどり,赤ワゴン,補充,値札,値下げ,ブックオフ

 

「赤い補充用のストッカー」は、「赤ワゴン」とも呼ばれます。

 

(しかし最近は「赤」じゃないものもありますが)

 

その日に買い取った商品が一時的に並べられています。

 

新たに棚へ補充するための本ですから

 

まだ他のせどらーにチェックされていないわけで、

 

仕入れられる本が並んでいる可能性が高いわけですね。

 

また、同じ人がいい本を大量に売ることもありますから、

 

お宝をまとめて仕入れられるという、ラッキーなこともあります。

 

ただし、店員さんの補充作業の邪魔にならないよう気を付けてくださいね。

 

大切な仕入先なわけですから、当然のことながら迷惑をかけないことを心がけましょう。

 

値札の色

 

ブックオフで商品に貼られている値札の色は4つあります。

 

そして、その色は商品として並べられた時期によって分けられています。

 

  • 黒 → 1〜3月
  •  

  • 緑 → 4〜6月
  •  

  • 青 → 7〜9月
  •  

  • 赤 → 10〜12月

 

…といったような感じです。(基本)

 

これを見ることによって

 

  • 商品として陳列されたのがいつなのか
  • いつ値下げされたのか

がわかります。

 

本来は、店員が商品管理をしやすいようにするための

 

ルールですが、それを利用するわけです。

 

12月に赤以外のシールが貼られていれば、長い間売れ残っていると考えられます。

 

長い間売れ残っている商品は他の「せどらー」も既に調べているはずですから、

 

効率的に仕入をする上では無視してもいいかと思います

 

 

12月に赤色のシールが貼られているものは、

 

比較的新しく並べられたもの、

 

あるいは値下げされた商品です。

 

 

もちろん、他のせどらーが調べた頃には相場が安かった商品が、

 

相場が高騰しているということもありますから、

 

長い間並べられているものに、利益の取れる商品が無いわけではありませんが、

 

可能性は低いわけです。

 

 

ですから、せどりで効率的な仕入をするためには、

 

新しく棚に並べられたもの、値下げされたものを見るだけでいいでしょう。

 

 

 

ただし、値札の色のルールを変えていたり、

 

新しい真っ白な大きい値札に変えられているところがあったり、

 

せどり,赤ワゴン,補充,値札,値下げ,ブックオフ

 

値札を貼りかえる際に、(値下げしない商品も含めて)

 

全ての商品のシールを貼りかえるところなど、

 

店舗によっては、ルールが違うこともあります

 

よく仕入れに行くお店を仕入れの際に観察してみてください。

 

大量に仕入れられるチャンス

 

  1. 大量に売る客が来たとき
  2. 大量に値下げがあったとき

 

などは、仕入れの狙い目です。

 

@に関しては、赤ワゴンを

 

Aに関しては値札の色を

 

見ることによって効率的に商品を探すことができますね。

 

特にAなどはセールのように周知しているわけではないので、

 

それを察知したもののみが、大きく恩恵を受けるのです。

 

 

各店舗の「補充」や「値下げ」などのタイミングを探る

 

 

各店舗により、若干の補充のやり方や時間、時期などが違ってきたりするので、

 

補充のタイミングに当たったら、補充された本をサーチするとともに、どのようなルールで補充をしているのかを観察するといいでしょう。

 

また店舗の方でも、売り時の土日のピークにむけて仕込むことになりますから

 

基本的には、木曜日金曜日には売り場に並べられることが多いわけです。

 

ですから木曜金曜あたりが仕入れの狙い目といえます。

 

 

しかし実際のところ、土日のピークに合わせて、

 

一日で全ての商品の管理作業を終えることは、

 

現実的に難しいわけです。

 

ですから曜日によって作業する商品を決めているところも多いです。

 

例えば、この店は月曜日にCDの管理作業をする…なんてことを知っていれば、

 

有利な仕入ができる可能性は高いですよね?

 

 

そのあたりのことを意識して日々仕入れ作業をしていると、

 

シークレットセールなども、他の競合さんに先駆けて知ることが出来たりしますよ。

 

 

ぜひ、自分が回る店舗のルール的なものを観察してみてください。

 

特によくいくお店は他の競合に先駆けるために、ぜひ知っておきたいポイントです。

 

店舗によってのある程度の補充の時間帯というのも調べてみてください。

 

その店の補充の時間を狙ってやってくるせどりの方も多くいます。

 

 

下のストッカーも確認すべき?

 

棚の下のストッカーには基本的には重複している商品や

 

古い商品やダブりの商品、あるいは処分しようとしていいるもの

 

等を並べていることが多いですので

 

可能性としては「せどれる」ものがある確率は低いと思いますが、

 

無きにしも非ずですので、恥ずかしくなければどうぞ。

 

 

オリジナルなノウハウ

 

各店舗の特徴や、競合さんについての情報を知っていれば

 

有利で効果的に「せどる」ことが出来るかと思います。

 

面倒かもしれませんが、

 

そのように色々考えながら「せどり」も続けていくと楽しいものですよ。

 

そしてまた、巷で出回っているどんなノウハウよりも

 

あなたの日頃からの観察で気づいたことの方が、

 

はるかに優れ、且つオリジナルであり、使えるのです。

 
ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

ブックオフ仕入れでのせどり豆知識関連ページ

せどりは「副業」として勧めます
せどりは基本的に「薄利多売」です。「作業」は仕入れだけでなく、「出品」「梱包」「発送」等意外に手間のかかる作業もしなければなりません。
せどり「専業」は厳しい…というか「せどり」は厳しい
せどりは副業を勧めますよ。簡単に「専業」で稼げると思ったら大甘です。誰でも簡単にできることで、稼ぎ続けることなんてできないのです。+αの工夫と努力が必要です。
せどり仕入れの考え方
せどりで利益を確実に利益を得るためには「回転が早く、利幅を狙える商品」を仕入れることが大切です。しかし現実的にはそういう商品は少ないわけです。それならばどうするか。
簡易クリーニング
店舗から商品を仕入れたままの状態で、販売するわけにはいきません。値札も貼られていますし、ほこりや汚れなどもあるでしょう。ここでは、簡易クリーニングについて説明します。
せどりの梱包・発送
「梱包」「発送」の作業について私のやっている方法を紹介します。梱包や発送にかかるお金もバカになりませんが、丁寧な梱包は購入者に安心感を与えると思います。
せどり「梱包」「発送」の作業効率化
梱包・発送作業を効率化するのも、少ない時間で「せどり」を行ううえで大切なポイントです。究極的には「利益を取るか」「効率化を取るか」ということになるのでしょうが。
商品のコンディションチェック
仕入れるときにもある程度、コンディションを確認しなければなりません。出品の際には、正確にコンディションを説明することが大切です。
「回転本」とは?せどりの基本
本をせどりする場合、見逃してはならないものが「回転本」と呼ばれるものです。「回転本」は何度も仕入れて売ることが出来ますから、調べなくても抜けるように、しっかりと記憶してください。
amashowの見方・amasowは味方
amashowは便利。「アマゾンランキング」や「最安値」は、せどりの仕入や値付けの際の判断材料になりますが、正確な情報を得るためには、実際に取引されているデーターを確認することが大切です。データーの見方を紹介します。
管理人の「やま」です。
当サイトの管理人「やま」です。偉そうに書いていることも多いですが、大目に見てやってください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム コンタクト 特定商取引法に関する表示 管理人ブログ