正確なコンディション説明をすることが大切

商品のコンディションチェック

スポンサードリンク

仕入れの際にもコンディションチェックは忘れずに

 

コンディション

 

  • 線引き
  • 書き込み
  • 汚れ
  • 破れ
  • ドックイアー※1

 

などがないかどうか、仕入れの際にはコンディションのチェックもして下さい

 

また、出品する際にもコンディションの説明をきちんと書くことも大切です。

 

「コンディション」によって、価格がだいぶ変わることもあります。

 

※1:【ドックイアー】:
ページの角を折り曲げてしおり代わりにしたもの。曲げた形が「犬の耳」に似ていますね。

 

コンディションを正しく伝える

 

コンディションが悪くても、高額で売れるような商品も確かにあります

 

「読めればよい」という購入者もいます。

 

しかし、コンディションの悪いものは「せどり」に自信がつくまでは

 

余程ランキングが高いものでない限り手をつけなくていいと思います。

 

 

例えば女性向けの本や雑誌などは、

 

綺麗じゃないとなかなか買っていただけないんじゃないでしょうか。

 

 

他にも付属品(例えばCD、DVDなど)のある商品の場合、それが有るのか無いのか。

 

無くても売れるものなのか…

 

付属品がついていなければ、極端に値段の下がるモノや、

 

最悪買っていただけない商品もあります。

 

また、「タバコのにおい」や「かびのにおい」が強いものなども、

 

クレームの対象になったりします。

 

仕入れの際の、「お客様の視点」でのコンディションチェックは大切です。

 

また出品の際にも、正しくコンディションを伝えることも評価につながります。

 

「タバコ臭」「カビ臭」がするものについて

 

個人的には「インポート」もののCDに「タバコ臭」がするものが多い気がしますが、

 

古本でも「タバコ臭」や「カビ臭」がするものがあります。

 

せどり,コンディション,状態,説明,アマゾン,タバコ臭,

 

「タバコ臭」の強いときは「ヤニ」が付着していることも多いですので

 

綺麗に商品をクリーニングすることをお勧めします。

 

「CD」の場合、プラスティックケースが、

 

「びっくりする」ほど「ヤニ」まみれになっていることがあります。

 

あまりにもひどい時は、素直に新しいプラケースに交換したほうがいいかもしれません。

 

まあそこまでひどいものは、

 

すでにブックレットに匂いが染み付いちゃっているとは思いますが。

 

 

匂いを気にされる方は多い

 

特にタバコを吸わない方にとっての「タバコ臭」は

 

怒りさえこみあげてくるものでしょう。

 

クレームの対象になる可能性が大きいですので、

 

出品の際にはコンディション説明にしっかり記入していたほうがいいと思います

 

 

何故、仕入れるときに気がつかなかったのか…

 

と後悔してもどうしようもないですので

 

できれば仕入れるときに注意して

 

チェックしたい項目の一つですね。

 

臭いをとる方法

 

ネットで調べてみたら、

 

そんな時は「重曹」を使うという手があるそうです。

 

本やCDをビニール袋に入れ(封はしないが重曹が直接触れないように曲げておく)、

 

もう一枚ビニールに、先ほどビニールに入れたものを

 

重曹と一緒に入れて封をして2日ほど置くと、

 

重曹の方へ匂いが移っているそうです。

 

まあ、完全に匂いが取れるかは疑問ですが

 

 

また、新聞紙をページに挟んでおく人もいるようです(面倒くせー)。

 

後はしばらく、陰干しして多少匂いを減らすということぐらいしか

 

無いんじゃないでしょうか?

 

 

ファブリーズを直接かける…という方もいるようですが、

 

紙がよれてしまう可能性もありますので、

 

それはやめていた方がいいと思います。

 

 

まあ、一番はなんといっても仕入の時にチェックする。

 

ということにつきると思います。

 

 

特に赤ワゴンに「臭い」がきつい商品があった場合などは、

 

周囲に並んでいる商品も、同じかたが売ったものという確率が高いですので、

 

気を付けて確認するようにした方がいいでしょう。

 
ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

商品のコンディションチェック関連ページ

せどりは「副業」として勧めます
せどりは基本的に「薄利多売」です。「作業」は仕入れだけでなく、「出品」「梱包」「発送」等意外に手間のかかる作業もしなければなりません。
せどり「専業」は厳しい…というか「せどり」は厳しい
せどりは副業を勧めますよ。簡単に「専業」で稼げると思ったら大甘です。誰でも簡単にできることで、稼ぎ続けることなんてできないのです。+αの工夫と努力が必要です。
せどり仕入れの考え方
せどりで利益を確実に利益を得るためには「回転が早く、利幅を狙える商品」を仕入れることが大切です。しかし現実的にはそういう商品は少ないわけです。それならばどうするか。
簡易クリーニング
店舗から商品を仕入れたままの状態で、販売するわけにはいきません。値札も貼られていますし、ほこりや汚れなどもあるでしょう。ここでは、簡易クリーニングについて説明します。
せどりの梱包・発送
「梱包」「発送」の作業について私のやっている方法を紹介します。梱包や発送にかかるお金もバカになりませんが、丁寧な梱包は購入者に安心感を与えると思います。
せどり「梱包」「発送」の作業効率化
梱包・発送作業を効率化するのも、少ない時間で「せどり」を行ううえで大切なポイントです。究極的には「利益を取るか」「効率化を取るか」ということになるのでしょうが。
「回転本」とは?せどりの基本
本をせどりする場合、見逃してはならないものが「回転本」と呼ばれるものです。「回転本」は何度も仕入れて売ることが出来ますから、調べなくても抜けるように、しっかりと記憶してください。
amashowの見方・amasowは味方
amashowは便利。「アマゾンランキング」や「最安値」は、せどりの仕入や値付けの際の判断材料になりますが、正確な情報を得るためには、実際に取引されているデーターを確認することが大切です。データーの見方を紹介します。
ブックオフ仕入れでのせどり豆知識
ブックオフで効率よく仕入をするちょっとしたコツ。「目利き力」があることが一番ですが、知っているだけで効率的に仕入れられる豆知識を紹介します。
管理人の「やま」です。
当サイトの管理人「やま」です。偉そうに書いていることも多いですが、大目に見てやってください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム コンタクト 特定商取引法に関する表示 管理人ブログ