回転が早く、利幅を狙える商品を仕入れる

せどり仕入れの考え方

スポンサードリンク

せどりで利益をあげるための考え方

 

せどりで大きく稼ぐ方法

 

せどりで確実に稼ぐのは簡単です。

 

誰にも言わないでくださいよ…

 

回転が早く、利幅の大きい商品」を仕入れればいいだけです。

 

…しかし当然のことながら

 

そのようなおいしい商品というものはなかなかありません

 

現実的な仕入れ

 

現実的な仕入としては、

 

  • 薄利ではあるが、回転の早い商品
  •  

  • 回転は遅いが、利幅の大きな商品

 

というような大きく分けて2つの狙いとなります。

 

回転」というのは、要するに「売れるまでのスパン」ということです。

 

「回転が早い」というのは「早く売れる」ということです。

 

商品が早く売れるか売れないかは、過去のデーターを参考にして判断します。

 

過去のデーターは、amashowなどで、調べることが出来ます。

 

店舗での仕入判断時には効率的にデーターを確認するために

 

検索ツール」を利用して、

 

アマゾンランキングと最安値から判断することが多いわけですが、

 

仕入れ値が高い場合などには、念を入れて

 

「実際に取引されている」データーから判断したほうが安全です。

 

 

 

分かれ道

 

 

  • 薄利ではあるが、回転の早い商品
  •  

  • 回転は遅いが、利幅を狙える商品

 

 

の2つの商品があった場合、

 

基本的には「薄利であっても、回転の早い商品」

 

を仕入れるということを優先させたほうがいいと思います。

 

しかし「薄利多売」型では、そのうち物理的な限界が訪れます。

 

「仕入れ」や「梱包」「発送」その他もろもろの作業があるわけですから、当然です。

 

副業としての「せどり」を考えた場合、時間も限られるわけですから、

 

  • 薄利ではあるが、回転の早い商品を狙って手堅くいくか
  •  

  • 回転は遅いが、利幅を狙える商品で稼ぐか
  •  

    という「分かれ道」があります。

     

    もちろん、両方をうまく取り合わせることができるのなら、それに越したことはありません。

     

    ただし、はじめのうちは「回転は遅いが、利幅を狙える商品」というものは、

     

    薄利で、回転の早い商品」よりも仕入れ判断が難しいと思います。

     

    ですから、はじめのうちは「薄利多売」型で仕入れていくことをお勧めします。

     

    「薄利多売」狙いのせどりでも、小遣い程度の稼ぎを得ることができます。

     

    ここで分かれ道です。

     

     

    単価をあげる

     

    売り上げを伸ばすためにはどうしても

     

    売り上げ単価の高い商品を扱うことが必要になってきます。

     

    回転の早いものは「薄利」なものが多いですから、

     

    必然的に「薄利多売」型のせどりとなります。

     

    「安全性」は高くなるわけですが、

     

    物理的な要因により、「売り上げ」には天井があります。

     

    もしもそれ以上の売り上げを目指すのであれば、

     

    • 定価の高いものを扱うか
    •  

    • ロングテール商品

     

    を取り扱う必要があります。

     

    ロングテール商品というのは「長く安定して売れるもの」で

     

    回転は遅いが、利幅を狙えます。

     

    「回転が遅い」といっても、あまりにも売れないのも問題ですし、

     

    「利幅が大きい」といっても、売れるまでの期間が長ければ、

     

    その間に相場が崩れることも考えられます。

     

    本来「ロングテール」というのは

     

    長く売れ続けるものであって、相場が崩れにくいもの」ですから、

     

    相場が大きく崩れるような商品は、もともと「ロングテール」商品ではない可能性もあります。

     

    しかし例えば、CDやDVDでしたら、リマスター再発による相場の下落、

     

    書籍でしたら文庫化や新装版の出版による相場の下落などといった危険性もあります。

     

    どちらにしろ、回転が遅いものは、

     

    早いものに比べると何かしらの危険性があるということです。

     

    「ロングテール商品」仕入れのポイント

     
    実際にどの程度売れているのか把握する

     

    amashowなどを利用して、実際に取引されているデーターから判断します。

     

    商品知識や相場観の無い商品であっても、データーを調べることによって

     

    ある程度判断することができます。

     

    ライバル出品者が少ない商品を選ぶ

     

    実際にどのくらいの頻度で取引されているかということがわかれば、

     

    その商品の出品数を調べることにより、

     

    大体の売れる期間というものを予測することができます。

     

    1ヶ月で2度程度売れている商品であれば、

     

    出品数が自分のものを合わせて4点であった場合、

     

    もちろん、売れるまでの間に他からの出品がある可能性もあるので、

     

    確実ではありませんが

     

    「2ヶ月以内では売れるだろうな」

     

    という予測ができるわけです。

     

    当然出品者数が少ないほど、

     

    売れるまでの期間は短くなると考えることが出来ますね。

     

    また、出品者数が少ないほど、

     

    コンディション説明欄でのアピールが効果的となりますので、

     

    高く売れることにもつながります。

     

    高くても買いたいという「特別なもの」があるか

     

    「限定版」「初回特典」「付録」「応募券」等の

     

    特典などが付属する場合には

     

    プレミア価格」がつきやすいので狙い目ですし、

     

    相場も下がりにくいと言えます。

     

    購入者のほうも、はっきりとした「理由」がありますので、

     

    多少高額でも納得して買うという部分があります。

     

    また、マニア向けの商品に関しては、

     

    その希少性と、コレクション欲により、

     

    プレミア価格がつきやすいということがいえます。

     

    ただし、これはその方面への知識や、リサーチが必要となります。

     

    雑誌やCD、DVDなどは
    プレミア価格を狙える要素があるものが多いですから、狙いやすいともいえます。
    しかし、そういった要素の無い雑誌やCD,DVD、あるいは書籍でも
    「ロングテール」商品として扱えるものが存在します。
    それらを上手に仕入れるためには、リサーチや経験による知識、
    それを含めた「目利き」というのが必要となってきます。
    こればかりは、すぐに身につくものではありませんし、
    言葉では伝えることが難しいところでしょう。

     
    ページのトップへ戻る

    スポンサードリンク

    せどり仕入れの考え方関連ページ

    せどりは「副業」として勧めます
    せどりは基本的に「薄利多売」です。「作業」は仕入れだけでなく、「出品」「梱包」「発送」等意外に手間のかかる作業もしなければなりません。
    せどり「専業」は厳しい…というか「せどり」は厳しい
    せどりは副業を勧めますよ。簡単に「専業」で稼げると思ったら大甘です。誰でも簡単にできることで、稼ぎ続けることなんてできないのです。+αの工夫と努力が必要です。
    簡易クリーニング
    店舗から商品を仕入れたままの状態で、販売するわけにはいきません。値札も貼られていますし、ほこりや汚れなどもあるでしょう。ここでは、簡易クリーニングについて説明します。
    せどりの梱包・発送
    「梱包」「発送」の作業について私のやっている方法を紹介します。梱包や発送にかかるお金もバカになりませんが、丁寧な梱包は購入者に安心感を与えると思います。
    せどり「梱包」「発送」の作業効率化
    梱包・発送作業を効率化するのも、少ない時間で「せどり」を行ううえで大切なポイントです。究極的には「利益を取るか」「効率化を取るか」ということになるのでしょうが。
    商品のコンディションチェック
    仕入れるときにもある程度、コンディションを確認しなければなりません。出品の際には、正確にコンディションを説明することが大切です。
    「回転本」とは?せどりの基本
    本をせどりする場合、見逃してはならないものが「回転本」と呼ばれるものです。「回転本」は何度も仕入れて売ることが出来ますから、調べなくても抜けるように、しっかりと記憶してください。
    amashowの見方・amasowは味方
    amashowは便利。「アマゾンランキング」や「最安値」は、せどりの仕入や値付けの際の判断材料になりますが、正確な情報を得るためには、実際に取引されているデーターを確認することが大切です。データーの見方を紹介します。
    ブックオフ仕入れでのせどり豆知識
    ブックオフで効率よく仕入をするちょっとしたコツ。「目利き力」があることが一番ですが、知っているだけで効率的に仕入れられる豆知識を紹介します。
    管理人の「やま」です。
    当サイトの管理人「やま」です。偉そうに書いていることも多いですが、大目に見てやってください。

    ホーム RSS購読 サイトマップ
    ホーム コンタクト 特定商取引法に関する表示 管理人ブログ